研究活動の成果 ライスパワーNo.103【美容飲料剤】

ライスパワーNo.103の美肌効果

ライスパワーNo.103は飲むことにより真皮と表皮の両方に皮膚の内側から働きかけます。セラミドの合成を促進して皮膚水分保持能を改善し、また真皮コラーゲンの産出を増やして、表皮と真皮そのものを健全化する特徴をもっています。

真皮と表皮の働き

ライスパワーNo.103の美肌効果 真皮と表皮の働き

人の肌は表皮、真皮、皮下組織の3層で形成されています。

表皮は基底層、顆粒層、有棘層、角質層の4層からなり、セラミドなどの細胞間脂質を産生し、角質層の水分保持などの機能を有しています。また、角化して外界からの刺激に対するバリアとしても働いています。

真皮はコラーゲン線維(膠原線維)やエラスチン線維(弾性繊維)とそれらを産生する線維芽細胞で形成され、肌のハリと弾力を保つ働きを担っています。

表皮と真皮は互いに密接に関係しており、表皮はそのバリア機能により、真皮へのダメージを防ぎ、真皮は表皮の基底層の細胞に栄養を与えたり、表皮の構造を支えたりしています。

ライスパワーNo.103の効果

ライスパワーNo.103の美肌効果 真皮と表皮の働き | ライスパワーNo.103の効果

ライスパワーNo.103は、真皮のコラーゲン合成を促進し、表皮においてはセラミド合成を促進します。

また、飲用することで皮膚の水分保持能が改善し、キメが整うことが分かりました。

真皮が整い、土台がしっかりした状態になるとその上に健全な表皮が形成され、水分保持能の高い、潤いに満ちた正常なバリアを有する美しい肌がつくられます。

皮膚水分保持能改善効果

ライスパワーNo.103の効果についてヒト臨床試験(n=15)を実施しました。以下の3種類のドリンクを2ヶ月間飲用し、皮膚水分保持能※と皮膚表面構造(お肌のキメ状態)について調べました。

・ プラセボ(コラーゲンもNo.103も入っていない味付けだけしたドリンク)
・ コラーゲン配合ドリンク
・ ライスパワーNo.103配合ドリンク

その結果、ライスパワーNo.103配合のドリンクを飲用した群で、高い水分保持能改善効果と、キメ改善効果がみられました。
ライスパワーNo.103の美肌効果 | 皮膚水分保持能改善効果 プラセボ コラーゲン ライスパワーNo.103比較
※水分保持能とは、表皮の水分を保つ皮膚機能のことで、水分保持能の高い皮膚は、内側からの水分の蒸散を防ぎ、乾燥しにくいだけでなく、外側からの紫外線、熱やアレルゲン物質を防ぐバリア機能と強い相関があります。 水分保持能はお肌の美しさや健康度のよいバロメーターとなるものです。

※第66回 日本栄養・食糧学会発表

皮膚表面構造(肌のキメ)改善効果

同じ臨床試験での皮膚表面構造写真です。
白い線が皮膚の皮溝で縦横に細かく綺麗に走っている肌ほど、キメ細かい透明感のある美しい肌であると言えます。
試験開始前と比べてNo.103を飲用した群ではキメが整った状態に改善していることが分かりました。
ライスパワーNo.103の美肌効果 | 皮膚水分保持能改善効果 プラセボ コラーゲン ライスパワーNo.103比較 | 画像

<< 皮膚科専門医による評価 >>
被験者全員の肌のキメ状態について皮膚科専門医に評価してもらったところ、No.103飲用群は試験開始前に比べてキメが改善していることが判明しました。
ライスパワーNo.103の美肌効果 | 皮膚水分保持能改善効果 プラセボ コラーゲン ライスパワーNo.103比較 | 皮膚科専門医による評価グラフ

※第66回 日本栄養・食糧学会発表

ライスパワーNo.1-D | ライスパワーNo.1-E | ライスパワーNo.1(No.1-A) | ライスパワーNo.2 | ライスパワーNo.3 | ライスパワーNo.6  New | ライスパワーNo.7 | ライスパワーNo.10 | ライスパワーNo.11 | ライスパワーNo.23 | ライスパワーNo.101 | ライスパワーNo.103  アップデート

ライスパワーNo.11

ライスパワーNo.11 <世界初の「皮膚水分保持能改善>

  • お米だけから、皮膚水分保持能改善(バリア機能改善)効果をもつ世界で初めての素材を開発
  • 2001年9月、厚生労働省より「医薬部外品−新規効能・新規有効成分」の承認を受けました。
  • ドライスキン(アトピー皮膚等)の皮膚水分保持能障害(バリア障害)を改善し、健全な皮膚に

このホームページの著作権は全て天然物薬用研究会に帰属します。
掲載記事、データ、画像等の複写、転記、その他著作権を侵害する行為を研究会の承諾なく行うことを禁じます。