研究活動の成果 ライスパワーNo.7 カサカサ肌健全化剤

ライスパワーNo.7の皮脂分泌系促進効果

ライスパワーNo.7はカサカサ肌健全化効果、皮脂分泌促進効果、かゆみ改善効果を特徴としています。

皮脂分泌促進効果

ライスパワーNo.7の皮脂分泌に及ぼす影響を調べました。 グラフは、塗布前の皮脂分泌量を100%として、ライスパワーNo.7塗布後の皮脂分泌量の変化を%で表しています。グラフが示すように、ライスパワー No.7を7日間塗布した皮膚では、皮脂分泌量が130%以上に増大しました。この結果、ライスパワーNo.7の皮脂分泌増大効果が判明しました。

ライスパワーNo.7 皮脂分泌促進効果 皮脂分泌に及ぼす影響 グラフ

ライスパワーNo.7の乾燥性皮膚症状の改善

ライスパワーNo.7は皮膚の乾燥に起因する疾患を改善します。

臨床試験結果

皮膚の乾燥症状を伴う疾患の患者さん19名を対象とし、ライスパワーNo.7配合ミルクローションを3週間使用し、その前後での皮膚症状を評価しました。その結果、改善傾向を示す「やや有用」以上を含めて有用性を判定すると、約95%の高い有用性が認められました。皮膚所見として観察した各項目の結果において悪化例は一例もなく、また、副作用などの有害事象例もありませんでした。この結果、ライスパワーNo.7配合ミルクローションは皮脂欠乏性湿疹など皮膚の乾燥を伴う症状に対して安全かつ有用であることが判明しました。

ライスパワーNo.7配合ミルクローションの臨床試験結果

ライスパワーNo.7 皮脂の乾燥に起因する疾病症例に対する有用性 グラフ (試験機関)リハビリテーション大神子病院皮膚科

症例内訳 皮脂欠乏症 6例
老人性乾皮症 4例
顔面乾燥性湿疹 4例
進行性手掌角皮症 5例

(試験機関)リハビリテーション大神子病院皮膚科

ライスパワーNo.1-D | ライスパワーNo.1-E | ライスパワーNo.1(No.1-A) | ライスパワーNo.2 | ライスパワーNo.3 | ライスパワーNo.6  New | ライスパワーNo.7 | ライスパワーNo.10 | ライスパワーNo.11 | ライスパワーNo.23 | ライスパワーNo.101 | ライスパワーNo.103  アップデート

ライスパワーNo.11

ライスパワーNo.11 <世界初の「皮膚水分保持能改善>

  • お米だけから、皮膚水分保持能改善(バリア機能改善)効果をもつ世界で初めての素材を開発
  • 2001年9月、厚生労働省より「医薬部外品−新規効能・新規有効成分」の承認を受けました。
  • ドライスキン(アトピー皮膚等)の皮膚水分保持能障害(バリア障害)を改善し、健全な皮膚に

このホームページの著作権は全て天然物薬用研究会に帰属します。
掲載記事、データ、画像等の複写、転記、その他著作権を侵害する行為を研究会の承諾なく行うことを禁じます。