研究活動の成果 従来の保湿剤との違い
ライスパワーエキス 状来の保湿剤との違い 図解

従来の保湿剤の概念は
「水分を保つ物質の膜を表面に付着する(保湿作用)」でした。

ライスパワーエキス(外用素材)は
「表皮そのものを健全化する」ものです。

ライスパワーNo.1-D | ライスパワーNo.1-E | ライスパワーNo.1(No.1-A) | ライスパワーNo.2 | ライスパワーNo.3 | ライスパワーNo.6  アップデート | ライスパワーNo.7 | ライスパワーNo.10 | ライスパワーNo.11 | ライスパワーNo.23 | ライスパワーNo.101 | ライスパワーNo.103  アップデート

ライスパワーNo.11

ライスパワーNo.11 <世界初の「皮膚水分保持能改善>

  • お米だけから、皮膚水分保持能改善(バリア機能改善)効果をもつ世界で初めての素材を開発
  • 2001年9月、厚生労働省より「医薬部外品−新規効能・新規有効成分」の承認を受けました。
  • ドライスキン(アトピー皮膚等)の皮膚水分保持能障害(バリア障害)を改善し、健全な皮膚に

このホームページの著作権は全て天然物薬用研究会に帰属します。
掲載記事、データ、画像等の複写、転記、その他著作権を侵害する行為を研究会の承諾なく行うことを禁じます。